bushi

【5/1~開催】京都の農家と高校が開発した「武士米」も登場!グルメスタンプラリー

江戸・徳川時代には淀川水運の重要な港町・宿場町として栄えた京都・伏見。近年では伏見産の野菜のクオリティーに着目した飲食店が増加中。個性ある野菜料理でお客をもてなしている。そんなエリアで町興しの飲食店によるスタンプラリーが5月から開催される。
伏見産の野菜や中嶋農園「ヒノヒカリ」に加え、注目の食材は何と言っても「武士米」だ。中島農園の生産する黒米(餅米)ことで、伏見城にいた徳川家康が自分の部隊を強くるために食べさせたという言い伝えから、京都すばる高校の生徒によって名付けられたもの。まだまだ生産量の少ない食材を使ってどのような料理に変化するのか、今から楽しみだ!

15666_n

 

伏見グルメ スタンプラリー

□日時:2017年5月1日(月)~6月30(金)
□場所:京都・伏見エリアの飲食店7店舗が参加
*(参加店)お好み焼き鉄板焼きテッペン、手打ちうどん福来たる、納屋町ワイン食堂カガネル、洋食屋コートレット、Chineseきんちゃん、とと河岸、野菜ダイニングchocana ※開催期間中、各参加店舗の定休日等にご注意ください
□内容:期間中に上記参加店舗で600円以上のご飲食でスタンプを押印。期間中に参加店舗すべてのスタンプを集めると、各参加店舗で使える「お食事券2400円分」をプレゼント。その他、伏見グルメスタンプラリー特製「エコバッグ」なども賞品としてあり。

●問合せ/伏見グルメスタンプラリー実行委員会
https://www.facebook.com/fushimi.grally/