一覧にもどる

あまからcooking THE BEST

あまから手帖
『AUBE』の 枝豆とニラの天津飯仕立て 『AUBE』の 枝豆とニラの天津飯仕立て
ニラや枝豆の香味が利いたシンプルな鶏飯に
ふんわり玉子をのせて上海の「ツァイファン」をアレンジ。
〈2020年8月号掲載〉

『AUBE』の 枝豆とニラの天津飯仕立て

〈材料〉4人分

白米...2合
鶏モモ肉(2㎝大に切る)...200g
Ⓐ 塩...小さじ1/3 太白ゴマ油...大さじ1
Ⓑ 枝豆(茹でたもの)...100g ニラ(1㎝長さに切る)...1/2束(約50g)
塩...ひとつまみ
ラード(サラダ油で代用可)...大さじ1弱
Ⓒ 卵...2個 牛乳...大さじ2
サラダ油...大さじ1

〈作り方〉

  • ❶ 白米を洗って約30分浸水させ、ザルに上げて10分水切りする。炊飯専用鍋(別売)に入れ、2合の水位線まで水を加える。Ⓐを加えて鶏モモ肉をのせ、「ごはん」・「2合」を選択して点火する。

    炊き込みご飯は火力の調節から消火まですべて自動の「自動炊飯機能」におまかせ。火加減の手間いらずで簡単。

  • ❷ フライパンでラードを熱し、Ⓑを軽く炒め、塩で調味する。
  • ❸ ①の炊き上がりのブザーが鳴ったら②を加え、混ぜ合わせて蒸らす。
  • ❹ フライパンにサラダ油を熱して「あぶり高温炒めモード」ボタンを押し、混ぜ合わせたⒸを加えて混ぜながら炒める。
  • ❺ ③を器に盛り、④をのせる。
店主・東浩司さん

中国料理『AUBE』
店主・あずま浩司さん

中国料理『AUBE』 店主・あずま浩司さん

ご実家の『ビーフン東』や東京・赤坂の中国料理店で修業を積む。2011年にロジカルな思考で中国料理とフレンチの技法を融合させた『Chi-Fu(シーフ)』を開店。18年に『Chi-Fu』を改装し、上階に ”日本の風土や食材を中国料理の伝統を通して伝える” をコンセプトにしたレストラン『AUBE』を新設。
住所大阪市北区西天満4-4-8 2F
電話番号06・6940・0317
営業時間18:00または19:00スタート
休日日・月・火曜
金額コース25000・35000円(各全11品)。各種ドリンクのペアリングあり(種類、価格は要相談)。※サ10%別。