一覧にもどる

あまからcooking THE BEST

あまから手帖
『いたぎ家』の焼きなすのなめろう 『いたぎ家』の焼きなすのなめろう
余りがちな酒粕を、香り高い万能ソースに!
エリンギとミョウガの食感が心地よいナスのなめろう。
〈2020年2月号掲載〉

『いたぎ家』の焼きなすのなめろう

〈材料〉2人分

ナス...中1本
エリンギ(5㎜角に切る)...1/2本(約30g)
バター(有塩)...10g
醤油...大さじ1/2
Ⓐ 酒粕ソース(下記参照)...小さじ2 ミョウガ(せん切り)...1個 ショウガ(すりおろす)...1片 合わせ味噌...大さじ1

〈作り方〉

  • ❶ ナスは皮の表面に縦4~5本と、ヘタの周りに庖丁目を入れる。水なし両面焼グリル焼網にナスを並べ、火加減「上火:強 下火:強」、グリルタイマーを10分に設定して焼く。熱いうちに皮を剥き、庖丁で叩いて粗く潰す。

    ナスはグリルの上下からの直火で一気に焼き上げて。表面をしっかり焼くことで甘みが増します

  • ❷ フライパンにバターを熱し、エリンギを入れて中火で炒める。火が通ったら鍋肌から醤油を回し入れる。
  • ❸ ボウルに①、②、Ⓐをよく混ぜ合わせ、器に盛る。

酒粕ソースの作り方

※作りやすい分量
酒粕200gと日本酒300㎖をミキサーでペースト状になるまで撹拌し、密閉容器で保存する(冷蔵で約1年保存可)。
店主・板木平将人さん(左)・匠さん(右)

居酒屋『いたぎ家』
店主・板木いたぎだいら将人さん(左)・匠さん(右)

居酒屋『いたぎ家』 店主・板木いたぎだいら将人さん(左)・匠さん(右)

滋賀酒に精通した兄の将人さんと、料理修業を経た弟の匠さんが2013年に開店。和歌山の自家菜園で育てる無農薬の野菜をメインに、匠さんが作る多彩なアテでもてなす。滋賀の酒蔵とも親交が深く、県内33蔵のうち約28蔵をフォロー。特注した店オリジナル銘柄も含めて常時80種類以上揃える。
住所神戸市中央区中山手通1-14-7 中山手鈴木ビル北館1F
電話番号078・333・9216
営業時間17:00~23:00
休日日・月曜
金額野菜たっぷりおまかせコース3800円、野菜の天ぷら580円~。日本酒「北島いたぎ家限定」90㎖530円~。※アラカルトはお通し代500円。