「ウェールズ」グルメ上陸!

160930img

突然ですが、「ウェールズ」ってどこにあるかご存知ですか?

160930_wales1と、その前に。「イギリス」の正式な国名は「グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国」。グレートブリテンとは 「イングランド」、「スコットランド」、「ウェールズ」の3つの国で成り立っていて、それに 「北アイルランド」が加えた4カ国を「イギリス(UK)」と呼びます。

イギリスと言えば「ロンドン」な私たちですが、風光明媚の地として、近年観光の注目が高まっているのが「ウェールズ」です。

去る9月末に開催された、英国 ウェールズ政府主催の体験会「不思議の国 美味しい国ウェールズ」に参加してきました。

「不思議の国のアリス」や「機関車トーマス」の故郷で知られるウェールズ。四国ほどの広さの国に、数々の城、ユネスコ世界自然遺産、森林や湖など、豊かな自然が残り、ケルトの歴史・文化が今も息づくエリア。北部の街・コンウィは、「ヨーロッパの美しい村30選」(JATA日本旅行業協会選)にイギリスで唯一選ばれたそう。

続く食文化の紹介では、英国菓子研究家の砂古(さこ)玉緒先生のデモンストレーションで、まずは伝統料理のひとつ「ウェルシュ・レアビット(Welsh Rarebit)」を。溶かしたチーズにビール(ウェルシュブラック)、マスタードパウダー、ウースターソースなどを入れてコクを出したソースをトーストにのせて、こんがり焼けば完成。手軽なおやつにも、塩気が利いているのでアテにも良さそう。ちなみに半熟卵を載せた「バックレアビット」など、別バージョンもあるそうです。

160930_wales2

伝統菓子は「焼菓子」。レーズンがたっぷり入ったホロホロとした口どけの「ウェルシュケーキ」や、濃く煮出したアールグレイに漬けたドライフルーツを練り込んである「バラブリス」など。ティータイムを彩る素朴な味わいが印象的でした。

160930_wales3そのほか、世界的に注目されている地ビール、「小さな反逆者」の異名をとるTiny Rebel社のビールや「レクサムラガー(Wrexham Lager)」など、酒類の紹介も。

ちなみにこれらのウェールズグルメは、今回で49回目を迎える人気イベント、阪急百貨店の「英国フェア2016」(10/12・水~18・火、9階催場・祝祭広場)にて体験可能。
今年はウェールズから18社が来阪。
話題の“ロブスターサンド”も実演販売で登場。この機会にぜひ。


●問合せ/ウェールズ政府 日本代表事務所 電03・5211・1252
https://www.wales-japan.com/wales/