【予約受付中】魅力を体験「大阪割烹体験2018」

kappou01

今回で8回目を迎える「大阪割烹体験」。ハレの日需要が高い日本料理店が、お値打ちな価格で楽しめるとあって、回を重ねるたびに「気軽に楽しめる」と利用者が増える人気のフェア。今年は新たな試みとして日本ワインとのマリアージュが追加され、1/16に発表会が行われた。

dsc02104

dsc02157

dsc02144

会場は北新地『かが万』。フェアでも提供される7000円(税サ別)の料理に対して、5種の日本ワインの提案があった。胡麻豆腐には登美の丘シャルドネ、刺身に入る赤身には塩尻メルロ、天王寺蕪蒸しには塩尻マスタカットなど、旨みや、塩味、油脂分など、素材や料理構成に合わせワインが提案され、よりフェアの幅を広げ、食事を楽しませてくれる企画となっている。

dsc02172

発表会に参加したタレントで大阪産(もん)PR大使を務めるハイヒール・モモコさんは挨拶で、「東京のタレントさんは個室を好むが、関西のタレントさんはカウンターを好む。人もご馳走」と、大阪の割烹文化をアピール。大阪府知事・松井氏や、大阪市長・吉村氏は、「海外では厨房、また料理人の手元を見ながら食事をする機会はほとんどない。これぞ日本料理・割烹の醍醐味であるし、文化だと思う」と、増える外国人観光客にも注目してもらいたいと熱い気持ちを披露した。

フェアは2/8から。現在参加49店舗では予約を受け付けている。ぜひこの機会に大阪の割烹文化を見つめなおしてみてはどうだろうか。

大阪割烹体験2018

【期間】2018年2月8日(木)~25日(日)
【イベント実施店】大阪府内の割烹49店舗
【コース料金】ランチ3000・5000・7000円
ディナー7000・10000・12000円(税・サ別)
※予約方法並びにコース詳細は下記公式サイトにて。
https://jrw.jp/osakakappo

●問合せ/株式会社ぐるなび内「大阪割烹体験事務局」
電06・6442・8443

★合わせて本企画に奔走する笹井良隆さんのインタビューはこちら。
https://www.amakaratecho.jp/editor_blog/2017/12/22/kappo2018/