【4月号ミドコロ】「甘い手土産」と「辛党の発酵もん」の2大特集です!

あまから手帖4月号「甘い手土産」

まずは「甘い手土産」。

入学や卒業、就職祝いなど、“贈る”シーンが増えるこの季節。「手土産の手札はたくさん持っておきたい」大人に向けて、40〜50代の目線でスイーツをセレクト。気鋭のパティスリーの詰め合わせをはじめ、名店の新作洋菓子や桜の和菓子、さらにはカスタードプリンに、エクレアと、あらゆる手土産シーンで活躍する50品を集めました。また、今回巻頭を飾るのは、京都の老舗『オ・グルニエ・ドール』の西原金蔵さん。5月末で勇退される西原さんの、これまでのパティシエ人生や手土産の極意などを語っていただきました。その誠実でひたむきなお人柄が溢れ出る記事は必読です。

一方、「辛党の発酵もん」では、

チーズ、珍味、漬物、味噌粕漬の4カテゴリーにわけ、酒のアテに最適な珠玉の逸品を紹介します。おいしい酒と肴について日々研鑽される、京都の居酒屋『むろまち加地』店主・加地貴志さんと、兵庫のワインバー『ナジャ』店主・米澤伸介さんにご登場いただき、米澤さんにはチーズと珍味部門、加地さんには漬物と味噌粕漬部門を、それぞれプロの視点からセレクト&評価していただきました。おいしい食べ方や酒とのマッチングも語っているので要チェックです! 辛党スタッフが総力を挙げ、100品を越える品々から厳選した商品はすべて、京阪神の百貨店で購入可能です。ぜひお試しください。

そのほか、連載「イッポン」では、『伊藤農園』のきよみしぼりを紹介。また、編集顧問・門上武司がゲストに料理を振る舞う連載「名店レシピ倶楽部」では、ひろうすにチャレンジしています。さらに、「関西だけのこの宿とまれ」では滋賀『やす井』を訪ねました。情緒と風情漂うその雰囲気を存分にお楽しみください!

●4月号の目次はこちら