【5/27開催】本格焼酎に酔いしれる1日「松尾大社 本格焼酎グランプリ」

syocyu

本誌2018年1月号「あしたの日本酒・焼酎」特集でも取り上げた、「焼酎ブーム」の再熱。醸造家の生き様や人柄が表れた新たな味わいの焼酎が続々登場し、ここ最近酒場を賑わせています。

あまから手帖1月号はこちら

もっと焼酎業界を盛り上げようと、酒ジャーナリストの葉石かおりさんと京都・円町の『島酒店』さんらが中心となって立ち上がり、満を持して「本格焼酎」イベントがこの5月に開催されることになりました! 会場は酒の神様で知られる「松尾大社」。宮崎から青鹿毛の『柳田酒造』、鹿児島からは一尚の『小牧醸造』、萬膳の『萬膳酒造』など、参加蔵は約25蔵。弊誌1月号でもご紹介した蔵元さんも多く参加する予定です。

当日は4000円の入場券で会場に入り、好きな蔵のブースで、蔵元さんが提案するさまざまな飲み方で本格焼酎を味わえます。最後に「自身の気に入った蔵の焼酎」に投票し、グランプリを決めるという流れ。とはいっても一番の目的は、気軽に本格焼酎を楽しむこと! 蔵元さんの人柄にふれたり、造りに対する熱い想いなどを聞きながら、本格焼酎の世界にどっぷり浸りましょう。

松尾大社 本格焼酎グランプリ

【日時】2018年5月27日(日)開場:12:30 利き酒・投票:13:00~15:00(投票締め切りは~14:45) 結果発表・表彰式:15:30~
【場所】松尾大社 敷地内(京都市西京区嵐山宮町3)
【チケット】4000円
店頭は松尾大社社務所、WEBはe+(イープラス)で販売中。

●問合せ/松尾大社 本格焼酎グランプリ実行委員会(島酒店内)
電話:075・463・7166

【参加蔵】
<長崎>
・重家酒造「ちんぐ」
<熊本>
・天草酒造「池の露」
・寿福酒造場「武者返し」
・那須酒造場「球磨の泉」
・松下醸造場「最古蔵」
<大分>
・四ツ谷酒造「 兼八」
<宮崎>
・明石酒造「明月」
・黒木本店「百年の孤独」
・小玉醸造「杜氏潤平」
・松露酒造「松露」
・柳田酒造「青鹿毛」
・渡邊酒造場「旭萬年」
<鹿児島 >
・朝日酒造「朝日」
・宇都酒造「金峰」
・尾込商店「さつま寿」
・小牧醸造「一尚」
・小正醸造「蔵の師魂」
・軸屋酒造「紫尾の露」
・大海酒造「さつま大海」
・富田酒造場「龍宮」
・中村酒造場「なかむら」
・万膳酒造「萬膳」
・八千代伝酒造「つるし八千代伝」
・山田酒造「長雲」
・大和桜酒造「大和桜」
※他、飲食ブースもあり。