【5月号ミドコロ】エリア特集は北摂に注目しました!

あまから手帖5月号「北摂そだち」

約3年ぶりの、北摂特集です!
今回は「北摂そだち」と題し、豊中・吹田・池田・箕面・高槻・茨木・摂津エリアで育まれた“ならでは”な食事情を紹介しています。
あまから手帖5月号「北摂そだち」
「そだちなあの店、動く!」では、近年特に話題となっている、姉妹店オープンや移転、リニューアルのニュースをピックアップ。元々地域で愛されていた店の新展開とあって、どの店も素敵にバージョンアップしています。「北摂らしさ満点!な新芽たち」では、マダムで賑わう一軒家レストランや地野菜をふんだんに使ったデリなど、どこか北摂らしさが漂う新店をご紹介。また、近年増えている高槻や茨木北部の「山」で活躍する人たちにスポットを当て、「なぜ、今、山に向かうのか?」を聞いてきました。

新店だけでなく、古参のお店や食文化を築いてきたキーパーソンも元気です。池田や富田は、意外な酒どころ。今なお地元民に愛されるその情景を、立飲み、角打ち、ラーメン屋で切り取りました。そして、ワインやビールの発展も見逃せません。鍵となった先駆者たちにご登場いただき、その背景や、広がる現在の楽しみについて紹介しています。

「北摂名物ものがたり」では、その名の通り、創業から数十年にわたって街で愛されてきた名物を取り上げています。店主の表情や歴史を感じる店の風情、物語に、ほろりとします。また、北摂で生まれ育った弁護士・山岸久朗さんお薦めの焼肉店の紹介も必見。
特集最後を締めくくるのは、編集者・江 弘毅さんによる「能勢街道散歩」。街道沿いに残る老舗に立ち寄り、往時に思いを馳せ、岡町〜石橋〜池田間を(自転車で)巡ります。

あまからクッキングでは、茨木のトラットリア『イル・ピスタッキオ・ダ・サーロ』の檜森さんに「海のシチリア料理」のレシピを教えていただいています。連載「イッポン!」では『和田萬』の有機白ごま油を、「関西だけの この宿とまれ」では『神戸みなと温泉 蓮』を紹介しています。ぜひ、ご覧ください!

●5月号の目次はこちら