[シェフの秒速ごはん]豆腐と鯛ののっけめし(180秒)

nokkemeshi

アツアツ油をかけてカンタン中華風!
豆腐と鯛ののっけめし(180秒)

●材料(1人分)

  • 鯛(刺身用)…4切れ前後
  • ご飯…150g
  • 絹豆腐…半丁
  • 青ネギ(小口切り)…3本分
  • ピーナッツ油(ゴマ油でも可)…大さじ5
  • [A]醤油…大さじ1/2
  • [A]砂糖…ひとつまみ

●作り方

  1. フライパンにピーナッツ油を入れ、軽く煙が上がる程度まで熱する。
  2. 1を熱している間、絹豆腐を食べやすい大きさに切る。
  3. 器にご飯を盛り、2と鯛の刺身をのせる。青ネギ、七味唐辛子、お好みでピーナッツをちらし、1を上から回しかける。
  4. [A]をかけていただく。

oosawa
中国料理
『酒中花 空心』
大澤広晃さん作

具材をのせて調味料をかけて完成!の究極の秒速ごはん。ですが、手軽に“中華風”にするなら、広東料理の蒸し魚の技法を。上から熱々の油をじゅわっとかけることで香ばしい風味が立ち、コクもアップ。刺身も半生の良い具合になるんです。具はスーパーで売ってるパックのものでOK。今回は鯛を使いましたが、アジや帆立貝柱、加熱の必要がないものであればコンビニで売っているサラダチキンでも良いんです。お好みでパクチーをのせても美味。豪快に混ぜていただけば、様々な食感や風味が楽しめるので、アテにもシメにも最適ですよ。


酒中花 空心
【場所】大阪市西区新町1-21-2 1F
【電話】06・6532・7729
【営業時間】11:30~14:00ラストオーダー(火~金曜)、18:00~21:30ラストオーダー
【定休日】月曜、土・日曜の昼
【メニュー】ランチ1000円~、空心菜の塩炒め1500円、夜おまかせコース6000円~。紹興酒600円~。


撮影・文/編・森 千尋


シェフの秒速ごはん
『あまから手帖』2018年10月号より転載/掲載号について詳細はこちら