[シェフの秒速ごはん]ロカボde大豆粥(240秒)

ロカボde大豆粥

糖質抑えて、満足度はアップ!
ロカボde大豆粥(240秒)

●材料(1人分)

  • 鯛(刺身用)…4切れ前後
  • 白飯…55g(約1/3膳)
  • 蒸し大豆(市販品)…12g(大さじ1〜2)
  • 水…100㎖
  • 塩…少々
  • キュウリ…1/6本
  • [A]ちりめんじゃこ…5g
  • [A]合わせ味噌…大さじ1/2
  • [A]炒り白ゴマ…少々
  • ミョウガ…1/4個
  • ゴマ油…少々

●作り方

  1. 白飯、水を鍋に入れよくほぐし、蒸し大豆を加え熱する。沸騰したところで弱火にし、2~3分煮込む。
  2. 1が粥状になったら火を止め、塩を加えてひと混ぜし、器に盛る。
  3. 2と刻んだミョウガを上にのせ、ゴマ油を回しかけていただく。

割烹『玄斎』上野直哉さん
割烹
『玄斎』
上野直哉さん作

ビールだけでなくシメも糖質オフしましょ!ということで、小腹を満たすのにぴったりのロカボ粥を紹介します。糖質の多い印象のある米ですが、たんぱく質豊富な大豆でかさ増しすることにより、その量を大幅(約21.5g)に抑えることができるんです。これにより血糖値も上がりにくくなり、作業の合間に食べても眠くなりにくいんですよ。薬味にはキュウリを使うことで食感をプラス。味付けは味噌のほか、梅干しや塩麹、豆板醤でもOK。香りづけのゴマ油は、ショウガや青シソに変えればさっぱり風味になります。食べるからには満たされたい、でも糖質が…なんて食いしん坊な葛藤もオフできます(笑)。


玄斎
【場所】神戸市中央区中山手通4-16-14
【電話】078・221・8851
【営業時間】12:00入店、18:00~21:00入店
【定休日】月曜
【メニュー】昼/コース5000円、夜/コース12000円。水出し有機阿波晩茶カラフェ500円、日本酒1合1000円~。
※夜のみサービス料金が別途500円かかります。


撮影・文/編・森 千尋


シェフの秒速ごはん
『あまから手帖』2018年11月号より転載/掲載号について詳細はこちら