【2月号】ミドコロ | あまから手帖

あまから手帖2019年2月号「関西近郊の口福の冬宿」

冬に旅に出るならば、旬味を目がけて。
あまから手帖2月号は「関西近郊の口福の冬宿」と題してお届けします。

特集の第一部では、日本海のカニ、和歌山のクエに淡路海峡の真鯛、伊勢志摩の伊勢エビにフグなど、この時期に旬を迎える海の幸が堪能できる宿の中でも、“知る人ぞ知る”ご馳走宿を厳選。酒・食・器など食卓に関わることのみにテーマを絞って文筆活動を続けておられる佐藤隆介さんによるエッセイ「定宿に旬を訪ねるということ」では、全国の12の宿の旬味をご紹介。また、第二部ではシーズンを迎えたジビエにスポットを当てて、キジや真鴨といった野鳥を使った名物料理が味わえる京都の山の一軒宿と滋賀の里の旅館をピックアップ。そして、宿のもう一つの愉しみといえば日帰り湯と料理を味わう「昼席」。「湯宿の昼席」では、有馬・おごと温泉・三重の湯の山温泉など湯の街の老舗や新顔から、滋賀の隠れ宿に淡路の名物ホテルまで、昼席プラン5軒5様を紹介しています。

また前号に引き続き、2月号でも新連載がスタート。アスリートがお気に入りの一皿を紹介する「アスリートチャージ飯」は、ガンバ大阪 遠藤保仁選手が登場。編集顧問・門上武司が感嘆した料理を語る「僕の尊敬する皿」では『洋食おがた』の牛のフリットを。本誌でお馴染みの日本ソムリエ協会名誉会長の岡さんが本当は誰にも知られたくない酒場をこっそり教えてくれる「ヒ・ミ・ツの酒場」、関西注目の酒造の造り手にフォーカスする「地酒の星」では「風の森」で知られる『油長酒造』の山本嘉彦さんが登場。さらに京都の散歩道にある味わい深い料理店を取り上げる「京都散歩の途中で。」では伏見稲荷近くの『袮ざめ家』を訪ねています。
1月号から始まった連載「船越雅代のセカイカイセキ」に、今号では漬物樽をフィーチャーした「バイプレ!!」もお見逃しなく!

冬宿の魅力がたっぷり詰まった特集に加え、読み応えある連載も新たにスタートしたあまから手帖2月号は、1月23日(水)に発売です。
是非、お求めください!

2月号の目次はこちら