【8月号】ミドコロ | あまから手帖

あまから手帖8月号

あまから手帖8月号の特集は「旬の手土産」。手土産にぴったりな93品を「トレンドを贈る」、「夏味を贈る」の二部構成で特集します!

第一部の「最旬パティスリーの夏セレクト」では、勢いを増す実力派に話題の新店など、スイーツ好きが注目する数々のパティスリーが登場。色とりどりの旬果のグラスデザートや夏の焼き菓子アソートをセレクトしています。また、ちょっとしたブームを巻き起こしているアイスも特集。ジェラートやアイスキャンディーの専門店が手掛ける個性派アイスがずらりと並ぶ圧巻の誌面をお楽しみに。さらに、瓶入りアイスコーヒーやコーヒージュレなどの「夏向けコーヒーアイテム」に、目にも涼やかな「モードな涼菓」もご紹介。そして、関西の甘党が待ちに待ち望んだ、京都洋菓子界の、あの名匠の再始動に迫ったコラムもあり、ボリューム満点の内容でお届けします。

第二部は、
甘いものが苦手な辛党に贈りたい「“甘くない”夏ギフト」からスタート。夏限定の漬物やシャルキュトリー、素麺などを厳選しています。さらに、オーガニック食品やピクルスなどの専門店が提案する旬アソート。「手土産をうっかり買い忘れた!」なんてときに大助かりの京都駅・大阪駅・三ノ宮~神戸駅周辺の手土産情報も。
また、ライター・団田芳子さんが著書『大阪名物』『関西名物』内で取材した名品の“その後”に迫ったエッセイ、スパイス研究家・カワムラケンジさんによるスパイスの手土産の提案など、読み応え抜群のコラムも充実。

そのほか、巻頭連載は7月に新作『ランチ酒 おかわり日和』を出版した小説家・原田ひ香さんのエッセイ。「バイプレ!!」ではおろし金を取り上げています。「アスリートチャージ飯」は全日本プロレスのゼウス選手が登場。「門上武司の僕の尊敬する皿」は『リストランテダルーポ322』の阿蘇赤牛ビステッカ、「地酒の星~縁を醸す人~」では『秋鹿酒造』の自営田を取材。さらに、毎回大人気の「岡さんのヒ・ミ・ツ酒場」の今回の舞台は江坂。また、食を超えてアートの分野でも活躍する船越雅代さんの「セカイカイセキ」は、バリ島をテーマにした主菓子。「京都、散歩の途中で。」は、京都市役所界隈の『トラモント』を紹介するなど見どころ満載の連載にもご注目を!
思わず自分用も買いたくなる“旬”な手土産情報がギュッと詰まったこの一冊。ぜひお買い求めください。

8月号の目次はこちら