あまから手帖1月号は、SDGsの大特集です。

1985年の創刊以来、長年にわたり、関西の「旨いもの好き」の方々に愛されてきた弊誌「あまから手帖」。
“大人の愉しい食マガジン”をコンセプトに、飲食店紹介をはじめ、食材、クッキングなどの情報はもちろん、旅、器など、幅広く「関西の食」の話題を取り上げ続けています。

特集では、和食やフランス料理、イタリア料理などのジャンル、大阪・キタや京都、神戸といったエリアなどをテーマに据えて毎号好評をいただいてきましたが、この1月号ではこれまでとすこし視点を変え、関西の食の「SDGs」を取り上げることとなりました。

2015年に国連総会で採択された「SDGs(Sustainable Development Goals)」。関西の人々が培ってきた食文化の中には、じつは、このSDGs目標達成に適うような知恵や習慣が脈々と受け継がれています。また、身近な地域から世界にまで目を向ける料理人や食の作り手が常より、行動しています。そんな関西の食の世界での取組みを80ページの大特集として展開します。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、人類の活動が停滞し発展が後退した世界で、格差をなくし、危機にも強い、持続可能な社会を目指すSDGsの考え方が、より重要なものとなった今。レストランでのサステナブルシーフードの活用、フードロスへの取組み、フェアトレードの商品といった、身の回りのSDGsを食の世界から発信します。

あまから手帖1月号 「食べる、SDGs」概要


2021年1月号表紙

◆タイトル あまから手帖2021年1月号「食べる、SDGs」

◆判型 A4変形 136ページ(オールカラー)

◆発売日 令和2年12月23日

◆内容
例えば大阪料理の始末の文化のように、関西の食文化に根付く考え方や、普段から料理人たちが行ってきたこと、今までも地域や社会に存在し続けてきた商品や取組みなど、日常の食の中でのSDGsを中心に、ページを展開。毎日できる小さなことが、ゴールに向けた第一歩になっている、という気付きを読者と共有します。

◆特徴
◇各コーナーのテーマに興味がわく、ビジュアル遣い、レイアウトで誌面を構成。
◇弊誌でもおなじみの有名店から、掘り出しネタまで80ページのボリュームで
近畿圏の情報をたっぷりご紹介します。
◇編集方針の根幹である「美味しい情報」で誌面を展開。

*雑誌コード:11475-1

<お問い合わせ先>
株式会社クリエテ関西 販売部 福本(mail:fukumoto@amakara.net
TEL 06-6375-2363 FAX 06-6375-2362
〒530-0026 大阪市北区中津1-18-6 冨士アネックス3F