ハーブ、花、漢方、ヴィーガン食材などを使った “美しく満たされる”ランチメニューが『Hyssop』に新登場!

_x7a3021

「GOOD NATURE STATION」4階のカフェ・レストラン&バー『Hyssop』に3月1日、“美しく満たされる食事”をテーマにした新たなランチ3種が登場しました。

注目は、「ハーバル八寸」が最初に登場する「ハーバルランチ ヒソップ」2500円と「ハーバルランチ ヴィオラ」3500円。ハーバル八寸は会席料理に着想を得た一皿で、全6種の前菜が盛り合せられ彩りも華やか。たっぷりのハーブとエディブルフラワーの中に、「山菜の焼き浸し 柑橘香る精進出汁」「ビーツと紅花のごま和え」「よもぎのドーサ」「枸杞の実とマリーゴールドと人参のラぺ」など、漢方や自然素材を生かした料理が隠れています。
Hyssop1
Hyssop2

販売に先駆けて試食させていただきました。ハーバル八寸はホタテやスルメイカなどを使った「一部ヴィーガン、ペスカタリアン対応」か、動物性食材を用いない「完全ヴィーガン」を選ぶことができます。いただいたのは完全ヴィーガンのほう。ワラビの程よい渋味が楽しめる焼き浸し、クリーミーでコクのあるビーツのごま和えなど、どの料理も“生命力”を感じられ、一口食べるごとに身体が目覚めるよう。日頃の不摂生がこれで帳消しに…とはいきませんが(笑)、血や細胞にパワーが行き届いている気がしてきます。
Hyssop3

ハーバル八寸の後は、選べる温料理が登場。その中の「ファラフェルのよもぎピタパンサンド」をいただきました。このピタパンも手作りで、しっかりヨモギを練り込んであり、噛み締めるほどに青々とした心地よい苦みが。中のファラフェルはひよこ豆で作ったコロッケ風の揚げ物で、3個も入っていてかなりの食べ応えです。一緒にミニトマトやハーブが挟まれていますが、ハーバル八寸のハーブを“追いハーブ”するのがオススメ。
Hyssop4

ほかに「サンドイッチランチ」1500円があり、「春野菜の花摘みオープンサンド」か「香味野菜と豆腐のチキンサンド」にフライドポテト、ドリンクがセット。聞いただけで美味しそう! 次回はこちらを食べに行こうと思います。

実はこのランチを考案したレストラン事業部シニアマネージャーの藤村聡美さん、自身が急な肌荒れで困っていた時に漢方に助けられたことからメニューにヴィーガンや東洋医学の考えを取り入れたそう。そんなお話を聞きながらのビューティーランチだったので、ますます美肌や整腸への期待が高まりました!
Hyssop5

■新ランチメニュー
・Herbal Lunch Hyssop(ハーバルランチ ヒソップ) 2500 円
ハーバル八寸/温料理(ファラフェルのよもぎピタパンサンド・野菜とココナッツのクリーミートマトパスタ・桜エビと芽キャベツのトマトクリームパスタから選択)/小さなお茶菓子/和紅茶orコーヒー

・Herbal Lunch Viola(ハーバルランチ ヴィオラ) 3500 円
ハーバル八寸/温料理(マメなシェフの豆煮込みと十五穀米・香味野菜とキノコのほろほろチキン煮込みから選択)/デザート/和紅茶orコーヒー

・Sandwich Set(サンドイッチセット) 1500 円
サンドイッチ(春野菜の花摘みオープンサンド・香味野菜と豆腐のチキンサンドから選択)/フライドポテト/和紅茶orコーヒーorオレンジジュース

■店舗情報
住所:京都市下京区河原町通四条下ル2稲荷町318-6 「GOOD NATURE STATION」4 階
提供時間:11:30~14:30(LO)
問い合わせ:075・352・3728
予約:https://www.tablecheck.com/ja/shops/hyssop/reserve