【6月号】ミドコロ | あまから手帖

fb

あまから手帖6月号の特集は、「見て、食べて感じる海の向こう側World dish!」。
誌面上で“海外気分満喫”をテーマに、コロナ禍の“海外ロス”でストレスの溜まっている人たちに、また、さまざまな事情から旅を諦めている人たちに。関西にいながらにして、海外を楽しんでいただけるコンテンツでお届けします!

巻頭の「異邦五景」では、①「イギリス・湖水地方」、②「とあるイタリアの海辺」、③「中国・ハルピンの朝市」、④「フランス片田舎の光景」、⑤「アメリカ東海岸の、川沿いの都市」と、すべて関西エリアにありながら、本場を想起させる五景をグラビア展開でご紹介。

続く「欧州ローカルディッシュ」では、日本人に馴染み深いイタリアンやフレンチをはじめ、美食のスペイン・バスク地方、ポルトガルの郷土料理にスポット。シェフの出身地や修業先で研鑽した皿を通じ、その思いや味わいから、彼の地へ思いを馳せるコンテンツに。

「扉を開けば異国」はまさに、店内に入った途端、現地のムードぷんぷんで、母国愛に満ちた店主が出迎えてくれる店へ。スタッフも客もほぼ100%現地人で、IN関西なのに、海外にいるような“アウェイ感”に浸れる海外体感型の店を厳選しています。

さらに後半は、「テラスで、ワインと、美食と。」のスタイリッシュなビジュアル企画からスタート。フランス、イタリア、香港と、現地の雰囲気と共に、心地よい陽差しの中、美食をワインと共に楽しむことを提案します。

また、「ディープアジア食堂」では、中国のよりコアなエリア料理や、台湾の朝と夜の店内食風景、東南アジアの強烈な湿度と熱気を感じさせるパワフル料理に迫ります。

巻末の「各国、食後のデザート」は、見目麗しき世界のデザートを。

連載も、「岡さん郷の味で乾杯」は長崎県壱岐島の味、「地酒の星」は滋賀の『美冨久酒造』、トップの流儀には京都のフレンチシェフ、ステファン・パンテルさんが登場するなど充実した内容でお届けします。

“おウチ時間のお供”に、6月号おススメです!
本特集の“誌面trip”で寸暇の安らぎ、ご堪能