【10/8】「食の阪神」美味しいリニューアル

阪神梅田本店が約7年にわたる工事期間を経て、10月8日に待望の建て替え先行オープン!
B2、B1、1F、9Fが「食」に関するフロアとなり“食の阪神”がさらにパワーアップした。中でも食いしん坊にはたまらないのが、9F「阪神大食堂」、1F「パンとおやつと、食祭テラス」、B2F「阪神バル横丁」だ。

9F「阪神大食堂」にはレストラン7店とフードホールで楽しめる8店(計15店)が出店した。特にフードホールの面々は、注目のフレンチ、創作中華の名店、スパイスカレーの人気店などなど、話題の飲食店が豪華集結。“大阪の今”が詰まったような店並びは圧巻だ。あれもこれも食べたいけれど…とお腹と相談しながら目移り必至。さらにこのフロア、なんと専用のサービス係がついてフードホールの料理をサーブしてくれるプレミアムルーム(予約制)が併設されている。ちょっとした会食や子供連れなど、様々なシーンで使えそうだ。

<フードホール>
IMG_2909.jpg

百貨店の1Fといえば、婦人雑貨や化粧品などをイメージしがちだが、こちらは広々空間に美味しいあれこれが盛りだくさん。バイヤーたちが厳選した名店のパン・各地のおやつなどが勢ぞろいの「パン テラス」「おやつ テラス」、ティータイムを豊かにしてくれる「日本茶・ティー・コーヒー・専門店ワールド」など、歩き回るだけで気分が上がる。特に催事スペースの「食祭テラス」は、週替わりで各分野のプレゼンターが登場し、トレンドからちょっとマニアックなラインまでこだわりグルメ情報を発信してくれるというから、新たな刺激に出合えること間違いなし。

<パン テラス>
IMG_2897

最後はB2の「阪神バル横丁」。こちらは行列店、予約の取りにくい有名店ばかりの“ネオ酒場”通りだ。女性の“おひとり様”も大歓迎のカジュアルな雰囲気で、昼はランチ、夜はちょい飲みでハシゴ酒が楽しめる。18軒もあるので、来るたびに違う店に行きたくなり、何度も通いたくなる魅力が詰まっている。阪神電車の大阪梅田駅改札に直結と立地も良く、仕事帰りに立ち寄りやすいのも嬉しいポイント。

<バルゾーン>
IMG_2904

大阪キタエリアを盛り上げるグルメな方に嬉しいニュース。「食の阪神」をぜひいち早く体験してみて。

●問合せ/阪神梅田本店
https://www.hanshin-dept.jp/
06-6345-1201
※当面の間、酒類の提供は中止しています。