• トップ
  • 「おいしい福井の店」フェア開催!

「おいしい福井の店」フェア開催!

海、山、里のそれぞれが豊かな自然環境に恵まれた福井県は、古くは「御食國みけつくに」と呼ばれ、都びとの胃袋を満たした食の宝庫。大阪・京都8軒の料理店が、福井の食材を使ったひと月限りの至福のメニューをお届けする特別企画。美味しい食材が出揃ったいま、ぜひご賞味ください!


人気店8軒で、福井の味を食べ尽くす

※提供は1月15日から1カ月程度を予定しています。食材の入荷状況によりメニューや日程は変更になる場合があります。必ず事前に確認をお願いいたします。
※新型コロナウイルスの影響で、掲載店の営業時間、休業日、料金内容などが変更する場合があります。

福井県特別松花堂弁当

(食前酒・お菓子と一服付き)12,000円 ※サ15%込

高台寺 十牛庵

客席から高台寺や四季を映す庭園を望む数寄屋造りの料亭。歳時を取り入れた雅な料理が堪能できる。

京都市東山区高台寺桝屋町353
TEL:075-533-6060〈要予約〉
営業時間:11:30~12:30ラストオーダー、17:30~19:30ラストオーダー
休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
昼/コース15,000円~、夜/コース20,000円~。日本酒1合1,500円~。※サ15%。

藤原 誠さん

料理長 藤原 誠さん


いちほまれ 熊肉 キノコ リゾット 醤油と柚子 キノコの泡

11,000円(全9品)「デギュスタシオンコース」から

レストラン ヴァリエ

都会の喧騒を忘れるグランメゾン。高井シェフは和の素材も取り入れ、円熟味を増した皿で魅せる。

大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2F
TEL:06-4803-0999〈予約ベター〉
営業時間:11:30~13:30ラストオーダー、18:00~20:30ラストオーダー
休日:月曜(祝日の場合は営業)、月2回不定休
昼/コース4,500円~、夜/コース11,000円~。Gワイン1,300円~。※サ10%。

高井 実さん

シェフ 高井 実さん


若狭ぐじのスープ ド ポワソン いちほまれのバターライス

5,800円(全5品)「福井の恵みコース」から

フジマル醸造所 京阪くずは店

ミナミが拠点のワイン食堂。敦賀市出身の竹内シェフが、生産者が見える食材で世界各国のワインが進む皿を提供。コースには黒龍吟醸豚なども。

枚方市楠葉花園町14-1 京阪くずは新駅ビル1F
TEL:072-851-2510〈予約ベター〉
営業時間:11:30~23:00(フードは14:00~17:00休み、21:30ラストオーダー)
休日:無休
パスタ900円~。Gワイン(100ml)600円~。

竹内賢太郎さん

シェフ 竹内賢太郎さん


若狭の彩り3種盛合せ

連子鯛と幸福ネギの煮こごり
越のルビーのシャーベット ハリイカ手製柑なんば和え
連子鯛醤油干し、『とば屋』の壺之酢
 900円

日本酒 福

小浜市出身の藤原さん。『山中酒の店』で修業の後、日本酒居酒屋を開店。酒は県内8蔵の銘柄をはじめ、常時40種を揃える。

大阪市北区天満4-16-5 あんじんビル1F
TEL:06-6809-3145〈予約ベター〉
営業時間:17:00~22:00ラストオーダー(日曜・祝日15:00~21:00ラストオーダー)
休日:月曜
おまかせ6品4,000円、鱈白子醤油焼き800円。日本酒半合350円~。※突出し500円。

藤原一秀さん

店主 藤原一秀さん


若狭の彩り3種盛合せ

1,200円

由堂よしたか

『日本料理 翠』などで得た技を生かした変わり種が人気のおでん割烹。とみつ金時、福井産もずくのおでん(各400~500円)も。

大阪市中央区東心斎橋2-8-5 日宝ニューグランドビル2F
TEL:06-6210-3845〈予約ベター〉
営業時間:19:00~翌1:00ラストオーダー
休日:月曜
ミョウガと豚バラ750円、サエズリ1,200円。日本酒G(130ml)750円~。※突出し600円。

日野由堂さん

店主 日野由堂さん


若狭の彩り3種盛合せ

10,000円~(全8品)のコースから。単品4,500円

ペッシェ ロッソ

「大人の遊び場兼休息場」を提唱するリストランテ。名店『ポンテベッキオ』、『ジョヴァノット』を経た山中シェフの、季節を映すクリエーションに定評がある。ワインとの相性も抜群。

大阪市中央区東心斎橋1-3-18
TEL:06-6241-0030〈予約ベター〉
営業時間:17:00~翌0:30ラストオーダー
休日:月曜(祝日の場合は営業)
コース8,000円~。Gワイン1,200円~。

山中伸彦さん

シェフ 山中伸彦さん


若狭の彩り3種盛合せ

1,300円

玄挽き蕎麦 和豊わとう

県北部の蕎麦粉を季節で使い分け、玄挽きの二八で提供する蕎麦処。蕎麦前は20種を超え、「白岳仙」など地元で愛飲される酒も扱う。

大阪市北区西天満4-5-3
TEL:06-6809-2242〈予約ベター/ランチは不可〉
営業時間:11:00~14:30ラストオーダー、18:00~21:30ラストオーダー
休日:水・日曜、祝日
辛味おろしそば1,000円、鯖へしこ580円。日本酒「白岳仙」1合1,200円〜。

西岡直樹さん

店主 西岡直樹さん


若狭の彩り3種盛合せ

980円(ハーフ580円)

北陸炉端 炉路裏 ごっつ

福井を中心に、北陸の食材を扱う居酒屋。オーナーの酒井武士さんは福井市出身。ソースカツ丼やおろし蕎麦、「よっぱらい鯖」の刺身などもオンメニュー。

大阪市東淀川区淡路4-8-17
TEL:06-6326-8688〈予約ベター〉
営業時間:17:00~翌1:00(日曜・祝日24:00)
休日:不定休
ソースカツ丼680円。日本酒「九頭竜」G(120㎖)580円。※突出し380円。

清弘 実さん

店長 清弘 実さん


福井の食材コレクション


いちほまれ

いちほまれ

コシヒカリのふるさと福井県がその技術の粋を集め、育成した新品種米。絹のように輝く白さと炊き上がりの艶やかさには定評がある。程よい粒感ともっちりとした粘りのバランスが絶妙で、優しい甘さが特長のコシヒカリを超える逸材と注目されている。

越のルビー

越のルビー

いまや全国に名を知られるミディトマトのスター。大玉トマトに比べ3~4度も糖度が高く、ビタミンCやリコピンも約2倍と栄養面でも優等生だ。特に秋収穫のものは熟する期間が長いため、より味が濃く美味とされる。

上庄さといも

上庄さといも

晩夏から秋の寒暖差、豊穣で水はけの良い土壌など好条件に恵まれて美味しく育つ、奥越地区の里芋。小ぶりで締まった肉質を持ち、煮崩れが少ない。強い甘みと旨みが自慢で、地元ではのっぺい汁に田楽にと引っ張りだこ。

小かぶ(砂丘かぶら)

小かぶ(砂丘かぶら)

県北部、三里浜の砂丘地で栽培される小かぶは、きめが細かくみずみずしいのが特長。身に奥深い甘みがあり、さっと煮ただけで滋味豊かな味わいが楽しめる。葉も柔らかく、炒め物に漬物に余すところなくいただけるのが嬉しい。

若狭ぐじ

若狭ぐじ

若狭湾で獲れるアカアマダイの中でも、釣りやはえなわ漁で漁獲され、鮮度が良く姿形が美しいものだけが「若狭ぐじ」となる。水揚げ港や漁船名を記したラベルが品質の証。身肉が甘く、淡泊ながら深みのある味わい。重さが800g以上で、神経締めをしたものを「若狭ぐじ極」として、さらなるブランド化を図っている。

花らっきょ

花らっきょ

小かぶ(砂丘かぶら)と同じ三里浜の砂丘地で栽培される、小粒で歯切れのよいらっきょう。植付けから収穫まで通常1年弱のところ、足かけ3年の年月をかけるため「三年子(さんねんご)」と呼ばれる。秋に一面に咲き誇るピンクの花も美しい。

九頭竜まいたけ

九頭竜まいたけ

岐阜との県境に近い、空気も水も清澄な山間部で丁寧に栽培される舞茸。香り、身の厚さ、歯ごたえのすべてにおいて素晴らしく、脇役に甘んじない存在感を放つ。高い栄養価を余さず摂れる汁物がお薦めだ。

福井梅

福井梅

三方五湖周辺を主な産地とする福井梅は、江戸時代の天保年間から栽培されている名物。夏の風物詩「土用干し」は一つひとつ丁寧に手で並べ、裏返す地道な作業。福井梅の梅干しは果肉がギュッと詰まって美味しいと評価が高い。


いちほまれ

待望の農産物直売所が茨木にOPEN

福井の食材が関西で手軽に買えるJA福井県直売所『若狭ふれあい市場 茨木店』が2020年3月にオープンした。場所は阪急京都線茨木市駅から徒歩3分の阪急東中央商店街。新鮮な産直野菜を中心に、福井梅の梅干しやいちほまれのせんべい、越のルビーのドレッシングなど加工品も充実している。

●茨木市双葉町7-8 1F/TEL:072-646-6100/営業時間10:00~19:00/休日:年末年始

[主催]福井県農林水産部 福井米戦略課
[企画・運営・問合せ]クリエテ関西・あまから手帖 TEL:06-6375-2363
撮影/塩崎 聰 文/右近 聖、船井香緒里、伊藤志織 撮影協力/『高台寺 十牛庵』