• トップ
  • 「おいしい福井の店」フェア開催!

「おいしい福井の店」フェア開催!

越前の緑濃い山々と、海へと続く若狭の清澄な水――。「越山若水えつざんじゃくすい」と讃えられる自然を有する福井県は食材の宝庫です。
そんな食材の魅力に注目した大阪・京都8軒の料理店が、ひと月限りのメニューをお届け。まずは福井が誇る食材の数々をご覧ください。

「おいしい福井の店」フェア開催!

越前の緑濃い山々と、海へと続く若狭の清澄な水――。「越山若水えつざんじゃくすい」と讃えられる自然を有する福井県は食材の宝庫です。
そんな食材の魅力に注目した大阪・京都8軒の料理店が、ひと月限りのメニューをお届け。まずは福井が誇る食材の数々をご覧ください。


福井の味に出合える8軒

提供は1/15〜1カ月程度を予定しています。食材の入荷状況によりメニューや日程は変更になる場合があります。必ず事前に確認をお願いいたします。

メニュー1

レストラン ヴァリエ │ シェフ・高井 実さん

「ホテルプラザ」の名店『ル・ランデヴー』などを経た高井シェフが惜しみなく手間をかけた料理を提供するグランメゾン。店内は都会の喧騒を忘れる非日常の世界。

大阪市北区中之島3-3-23 中之島ダイビル2F
TEL:06-4803-0999
営業時間:11:30~13:30ラストオーダー、18:00~20:30ラストオーダー
休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日休み)、不定休あり、12/31〜1/6
予約:必要 ※サービス料10%別

シェフ1

2020年2月7日(金) 試食会&ランチ会開催!

福井食材を試食していただいた後、前菜からデザートまで福井産の特別コース(ランチタイム)をご提供します。
福井の地酒とのマリアージュも予定。お申込み詳細は、「Amakara News & Topics」でご確認ください。


メニュー2

ビストロ・デ・シュナパン │ シェフ・川田祐樹さん

川田さんはパリのビストロでの修業経験も。アラカルト主体のメニューは田舎風パテほか自家製シャルキュトリー、木下牛のステーキなど肉料理のスペシャリテが多数。

大阪市西区京町堀2-14-1
TEL:06-6147-3666
営業時間:11:30〜13:30ラストオーダー、18:00〜21:30ラストオーダー
休日:水曜、第3木曜、12/30〜1/3
予約:ベター ※ディナータイムはアミューズ代500円別

シェフ5

メニュー3

旬鮮和楽 さな井 │ 店主・長内敬之さん

長内さんは福井市出身。板前割烹の料理に、福井食材を取り入れている。洒脱なトークと人柄で客を魅了。その人に合わせて組み立てる、おまかせコースに定評あり。

大阪市中央区東心斎橋2-2-11 日宝セブンセンタービル1F
TEL:06-6214-0371
営業時間:17:30〜22:00ラストオーダー
休日:日曜、12/27〜1/5
予約:ベター ※サービス料5%別

シェフ3

メニュー4

高台寺 十牛庵 │ 料理長・藤原 誠さん

フレンチも経験した藤原さんの、歳時などを取り入れた雅な料理を数寄屋造りの料亭で。このコースは、若狭牛や越前がになど福井食材が盛りだくさん。

京都市東山区高台寺桝屋町353
TEL:075-533-6060
営業時間:11:30~12:30ラストオーダー、17:30~19:30ラストオーダー
休日:月曜、12/27〜31、1/6〜10、21〜23
予約:必要 ※サービス料15%別

シェフ4

メニュー5

由堂よしたか │ 店主・日野由堂さん

サエズリ(鯨の舌)や牡蠣などの変わりダネを注文ごとに小鍋で火入れして提供する、割烹風おでんの店。フェア中は、名物となっているもずくのおでんも福井産で。

大阪市中央区東心斎橋2-8-5 日宝ニューグランドビル2F
TEL:06-6210-3845
営業時間:19:00~翌1:00ラストオーダー
休日:月曜、12/30~1/2
予約:ベター ※突出し600円

シェフ5

メニュー6

北陸炉端 炉路裏 ごっつ │ 店長・森田康裕さん

オーナー・酒井武士さんは福井市出身。福井を中心とした北陸食材を多数扱う居酒屋。時期によっては、甘エビ掴み取りなどユニークなイベントを開催。

大阪市東淀川区淡路4-8-17
TEL:06-6326-8688
営業時間:17:00~24:00ラストオーダー
休日:1/1~3
予約:ベター ※突出し300円

シェフ6

メニュー7

フジマル醸造所 京阪くずは店 │ シェフ・竹内賢太郎さん

通し営業ゆえ、時間を気にせずワインが楽しめる。単品は小皿から月替わりのイタリア各州のプリモピアットまで。ワインの購入も可。

枚方市楠葉花園町14-1 京阪くずは新駅ビル1F
TEL:072-851-2510
営業時間:10:00〜23:00(フード16:00〜17:00休み、21:30ラストオーダー)1/1は〜21:00
休日:無休
予約:ベター

シェフ7

メニュー8

フジマル食堂 枚方T-SITE店 │ シェフ・竹内賢太郎さん

ミナミに拠点を置くワイン食堂。竹内さんは福井・敦賀市出身で、顔が見える生産者の食材を駆使し、自社製ワインに寄り添う皿を提供。

枚方市岡東町12-2 枚方T-SITE 1F
TEL:072-808-6622
営業時間:11:00~22:00ラストオーダー(フード16:00〜17:00休み)、12/31は〜19:00、1/2・3は10:00〜
休日:施設に準ずる、1/1
予約:ベター

シェフ7

自慢の食材コレクション


いちほまれ

いちほまれ

美味しい米の代名詞・コシヒカリを生んだ福井県が、約6年を費やして開発した選り抜きの新品種米。絹のように艶めく白さと口に広がる優しい甘さが特徴で、粒感と粘りのバランスも絶妙。“コシヒカリを超える”ポテンシャルと期待されている。

とみつ金時

とみつ金時

県北端のあわら市富津地区で採れるサツマイモは、秋に限らず年中美味しい。緻密な温湿度管理により、蓋をするように適度な水分と甘みを閉じ込める“キュアリング貯蔵法”がその秘訣。プロの料理人の指名買いも多い。

若狭牛

若狭牛

おもに嶺北地方で飼養されるブランド牛は、但馬牛の血を引く黒毛和種。きめ細かなサシがびっしり入った柔らかい肉質で、とろける舌ざわりが楽しめる。シンプルに焼くもよし、脂の旨みが際立つしゃぶしゃぶも絶品だ。

上庄さといも

上庄さといも

晩夏〜秋の寒暖の差や、水はけのよい土壌など好条件に恵まれ、全国区の人気者になったブランド里芋。小ぶりで引き締まった身は強い甘みがあり、煮崩れが少ない。皮と身の間の旨みを守るため、土付きのまま出荷される。

福井梅

福井梅

江戸の天保年間から続く福井の梅栽培。収穫後、約半量は手作業で梅干しに。生で出荷された梅は上品な甘さの梅酒や梅ジャムなど多彩な加工品となる。厚みのある果肉ながら口あたりは柔らかく、味がいいと定評がある。

若狭ぐじ

若狭ぐじ

和名アカアマダイの名の通り身肉に甘みがあり、美しいピンクの魚体から、京料理の主役を務めることも。網ではなく釣りやはえなわ漁で漁獲され、鮮度、姿形の美しさをクリアしたものだけが「若狭ぐじ」の名を冠される。

越のルビー

越のルビー

全国に広く名を知られる真っ赤なミディトマト。大玉トマトに比して糖度が3〜4度も高く、ビタミンCやリコピンも大玉の約2倍と栄養も豊富。果物のような甘さと主役を張れる濃い味わいで、多彩な料理にアレンジされる。

甘えび

甘えび

とろりと濃厚な甘みと磯の香りが特長。その理由は子持ちや大きさなどで厳選されていることと、環境のよい近海の深水200〜500mの砂泥地で育つため。水揚げ後、船内で瞬間冷凍し、鮮度を保ったまま出荷される。

九頭竜まいたけ

九頭竜まいたけ

岐阜との県境に源を発する九頭竜川の上流域。水も空気も清澄な地で約30年前から人工栽培される舞茸。その香り、実の厚さ、重量感は圧倒的だ。舞茸は栄養価が高いので健康志向の消費者からも注目を浴びている。

越前がに

越前がに

冬の味覚の王者と言われる越前がに(雄のズワイガニ)。エサが豊富な越前海岸沿岸の海底に棲むカニは、威風堂々たる風貌。繊細で甘みのある身がぎっしり詰まっている。港から漁場が近いため、抜群の鮮度が保てるのも強み。

福井県トリビア ❶

福井では、水ようかんは冬に食べるのが常識。柔らかく瑞々しいがゆえに、傷みやすいので冬が「旬」とか。こたつで水ようかんが風物詩。

福井県トリビア ❷

日本三大葛の産地の1つに福井がある。宿場町・熊川の「熊川葛」は、葛根採取量の1割しか精製できず、全生産工程が手作業ゆえ、量産できない希少品。

福井県トリビア ❸

福井のおろし蕎麦を「越前蕎麦」と全国に広めたのは、昭和天皇といわれている。来福の際に2杯も召し上がり、後日「越前の蕎麦…」と懐かしまれたとか。

[主催]福井県農林水産部 福井米戦略課
[企画・運営・問合せ]クリエテ関西・あまから手帖 TEL:06・6375・2363