おでんの季節 〜郷愁編〜

おでん『お多福』

おでんは“心地良く酔える庶民の味”。身近でありながら、自分の想い出の味を求める、どこかセンチメンタルな食べ物ではないでしょうか。お店の成長と共に、長い年月が醸す懐かしさや安心感は、故郷を想う気持ちを重ねたりして。今回は地元で長く愛される、大切な看板メニューへと成長。居酒屋使いもでき、日参してでも通いたい!時代を経ても繋ぎたい!そんなお店の味を紹介します。

その他の飲食店を検索したい方は、無料で会員になれる「あまから倶楽部」に登録、レストランリストにログイン下さい。


お多福

大阪・宗右衛門町

おでん『お多福』

昭和のオトナが集う
郷愁のカウンター

両親の後を継いだ当主の船木淳壱さんのお店。ぶらりと下がる「おでん」の赤提灯が目印だ。しょうが天に、もち巾着、えびつみれ、ちくわやひろうすなどの定番に、名物のおでんだしの細うどんがメニューに並ぶ。先代から受け継ぐおでんに混じって明石焼風のたこ玉や、かにワンタンなど新ネタもあれば、壁にペタペタ貼られた画用紙には、唐揚げやら鳥肝煮など。居酒屋風情が日参へと駆り立てる。意外にも、一番人気の一品は赤ウインナー。ご機嫌な様子でグラスを交わす昭和の御仁に、店内で響く懐かしの歌謡がムードを作る。郷愁を誘うカウンターには、英気を養うために今夜も昭和のオトナ達が集ってくる。→店舗情報はこちら


おでんのつじい

京都・新町今宮

おでんのつじい

ゴロゴロでっかい丸大根
喧噪の名残を、今ゆったりと味わう

灰色に褪せた木の看板を見上げながら縄暖簾をくぐれば、店内のどん突きにL字形のカウンター。中に鎮座する『有次』特注の銅鍋で炊くおでんの湯気で、蛍光灯の光にもだしが染みているようだ。「昭和4年に北大路で祖父母が始めて以来、鶏ガラと淡口醤油のだしです」と、息子の宏昌さんと店を切り盛りする辻井喜代子さん。ホウレン草、ゆば玉、豆腐、大根、コンニャクなどよしなに盛り合わせてもらって一献。目を見張るのは、見事な淀の丸大根は四分の一ほどにサイズで一人前。「昔は学生さんもよく来てくれおでんを良く食べてくれたし、一品も作り置きがないととても回せなかった」と、名残を見せるネタケースの惣菜からきずしや冷奴を見繕ってもらいさらに一杯。ゆるりと時間が日参を誘う。→店舗情報はこちら


白玉屋

兵庫・伊丹

おでん『白玉屋』

ほのぼの姉妹が仕切る
下町住民憩いの立ち呑みおでん

阪急伊丹駅が路面にあった昭和27年創業の立ち呑み屋。初代・鈴木 清さん亡き後、店を守るのはおっとり上品な義妹の朱美さん。「(牛の)アキレスは、硬いのん?柔らかいのん?」。甲斐甲斐しくもてなすのは、その妹のチャーミングな清美さん。おでんは4月までの冬季限定。シャキシャキの菊菜はポン酢と一味で、ケチャップをかけたロールキャベツに、プリンプリンのコラーゲンが甘いアキレスなど。おでんはシンプルにカツオ節だけで取っただしで炊く。午後3時の開店、シャッターをガラガラ開けて客が一人、二人と入っていく。町内会の寄り合いのように、地元にほのぼのと溶け込むお店だ。→店舗情報はこちら