新刊と話題の書籍のラインアップが豊富。ゆとりある書棚の配置で快適な書店に。
書店紹介
『そごう神戸店』内なので、お買い物の合間に立ち寄られるお客様が多いです。中高年層に人気の健康関連書籍を中心に、新刊やテレビなどで話題になる書籍が好調なので、手に取りやすく見やすい配置に。 また一昨年に改装した際、店舗入り口付近にあったレジカ
女性ビジネス書とファッション系雑誌が充実。“飽きない書棚”で通える書店作りを。
書店紹介
JR京都駅前にある複合商業施設内ということもあり、観光や通勤途中に来店される方が多いので、京都関連本やビジネス系の棚が人気です。とくに最近は、女性ビジネス系の書籍や雑誌が堅調に伸び、それに合わせて、働く女性に向け、メイクやファッションの雑誌
シニア層に響く話題書いろいろ。お子様向け英語教材にも自信あり。
書店紹介
山田は以前から住宅街として知られ、近年はマンションも増えているエリアです。そんな街の駅前という立地から、お客様のほとんどは地元の方。最も多いシニア層に向けて、入口の話題書コーナーは健康関連本を特に充実させています。 近年増えている若いファミ
教育関連本や絵本の品揃えが充実。Webと連動した書店員のお薦めにも注目。
書店紹介
登美ヶ丘から学園前は文教地区ということもあり、教育関連の雑学本が特に人気です。若いファミリー層も多く、保護者向けの子育て本や、お子様向けの知育玩具、絵本も充実させています。 数年前から『旭屋書店』では、出版社や著者をはじめ、誰でも本を紹介で
京町家を改装し、カフェも併設。「読書」から一歩先の「体験」を提供。
書店紹介
東京、福岡に続いて1年前に開店しました。本を読むだけでなく、その知識を日常に生かす「リーディング・ライフ」を提案しています。2階のカフェはイベントスペースにもなり、毎月様々なジャンルのゼミなどを開催。例えばカメラが趣味の方なら、本だけでなく
女性を意識したオシャレな店に。神戸2店舗目の『大垣書店』がオープン
書店紹介
2017年9月にオープンしました。『大垣書店』は京都を中心に展開し、神戸ではまだ2店舗目の出店です。土地柄を意識して、本棚を煉瓦風にしたり天井を高く設けるなど、オシャレな店作りを心掛けています。また、雑貨やアパレルショップが並ぶ施設内なので
6坪弱の店舗に料理書がズラリ。築地市場内「魚がし横丁」の名物書店
書店紹介
昭和25年頃に、向島で父が創業し、その後、築地市場内に支店を出しました。築地店では、初めは文芸書も置いていたのですが、場所柄を考えて、50年ほど前に私が料理書を中心にしました。やはりお客さんは料理人が多いですから、プロ向けの専門書をメインに
2017年3月末、垂水にオープン。幅広い品揃えに加え、雑貨売場も併設
書店紹介
*あまから手帖11月号掲載 JR垂水駅直結の商業施設『プリコ垂水』のリニューアルと共に今年3月末に開店しました。朝は年配層、昼はお子様連れ、夜は社会人と、時間帯で客層が異なるため、幅広いジャンルを取り揃えています。また、お子様向けのイベント
新しい情報にアンテナを張り、流行本のスピード仕入れに自信あり!
書店紹介
店のある『イオンモール堺北花田』は、住宅街のど真ん中。お客様の多くは、流行に敏感な主婦の方々です。そのため、情報番組で紹介された本や、メディア化予定の本などには常にアンテナを張り、どこよりも早く仕入れることを心掛けています。併せて、お子様に