「大垣書店 京都駅ビル ザ・キューブ店」オススメの美食本

大垣書店 京都駅ビル ザ・キューブ店 今仁さんオススメの美食本

現代社会に生きる人々を夜食カフェが救う

マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ 古内一絵著 中央公論新社/1500円 ド派手な“ドラァグクイーン”のシャールが営む夜食カフェには、悩みを抱えるお客が集う。早期退職者候補になった仕事一筋の女性、手料理が食べられなくなった中学生など。シャールのあたたかな言葉と料理が、次第に彼らの心を溶かしていく。
マカン・マラン
二十三時の夜食カフェ
古内一絵著
中央公論新社/1500円
ド派手な“ドラァグクイーン”のシャールが営む夜食カフェには、悩みを抱えるお客が集う。早期退職者候補になった仕事一筋の女性、手料理が食べられなくなった中学生など。シャールのあたたかな言葉と料理が、次第に彼らの心を溶かしていく。

 

数ある書籍の中で、私が一番好きなジャンルが「食を題材にした小説」なんです。この本の表紙を見た時は、読みたい、より食べたい!の気持ちが先行して。優しい絵柄から伝わる「キャセロール」の温かみに完全なる一目惚れ。そして、絵柄の温かさは内容ともリンクしていました。

 悩みを抱えた人が隠れ家的カフェに辿り着く、という小説はよくあります。この本もまさにそのパターンなのですが、一味違っていて。何と言っても出てくる料理が美味しそう。「金のお米パン」や「世界で一番女王なサラダ」など、マクロビオティックや薬膳の知識を生かした創作料理が、悩める人たちの心を癒すんです。そして、“ドラァグクイーン”でオーナーのシャールの言葉がまた優しい。心が疲れた人を無条件で受け入れ、肯定し、全くもって説教臭くない。

 必死に生きている人にじんわり刺さり、読了後はお腹が空く一冊です。

大垣書店 京都駅ビル ザ・キューブ店

京都の玄関口に位置し、地元だけでなく他府県から多くの人が訪れる。店長の趣味によりミステリーコーナーも充実。「マカン・マラン」シリーズも並ぶ。

大垣書店 京都駅ビル ザ・キューブ店 コミック担当 今仁真智子さん
大垣書店 京都駅ビル ザ・キューブ店
コミック担当 今仁真智子さん

 

大垣書店 京都駅ビル ザ・キューブ店
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビルB1
☎︎075・
741・7722
営業時間 9:00〜21:00
定休日 無休
※現在の営業時間は10:00〜20:00。