書店員さんのおすすめ!今月の『食の本』〜大阪・新大阪/ブックスタジオ アルデ新大阪店〜

“カステラ”とは何が違う?江戸で話題の「カスドース」”

まるまるの毬

2112_118_04

西條奈加著 講談社/792円

吉川英治文学新人賞受賞作。江戸時代、国中で修業した治兵衛が、親子三代で営む菓子店「南星屋」。

そこを舞台に繰り広げられる時代小説だ。直木賞作家が贈る、家族の絆に心がほっとする話が満載。

私は、書店員歴20余年になりますが未だ“読まず嫌い”もありまして…。時代小説も普段は読みませんが、そのジャンルを開拓できたのが本書。文章も堅苦しくなく、漢字が連なった長い名前の登場人物も出てこないので、親しみやすくて。お菓子の名前が章タイトルの短編集になっていて、それぞれに人情味のある話で展開されています。

結果、どれも読後にほんわかと温かい気持ちになれる私好みの内容でしたが、一番興味を持ったのは「カスドース」の話。多分これ、今で言う“カステラ”のことだと思うんですけど、説明が文面だけなので一体どんなお菓子か想像するしかありません。でも、最近は材料の色や作り方、味や食感の描写、どの地域のものかなどの情報を頼りに、ネットで検索すれば写真が見つかる。それも、今っぽい本の楽しみ方かなって思います。

2112_118_05

店長 越智里香さん

ブックスタジオ アルデ新大阪店

旅行や仕事などで多くの往来がある新大阪駅に今年9月オープン。

時間のない人も本が探しやすいよう、店表側では多面展開し、奥は細かく陳列する工夫が。本カバーがおしゃれ。

●大阪市淀川区西中島5-16-1 JR新大阪駅2Fアルデ新大阪 TEL06・6307・2300 営業時間7:00〜22:30(土・日曜、祝日は8:00〜22:00)無休