最新号紹介

-
-
最新号

発売日:2021年1月22日
販売価格(税込):815円

購入はこちら

特集

魚、ひと仕事。

2021・2月号

いよいよ魚の美味しい季節が到来。旬の、ピチピチな魚をいただくために、魚を取り巻く“ひと仕事”をご紹介。仲買人の目利きや料理人の手仕事、時には自分で選んだり、捌いてみたり。干物や缶詰の仕事も含めて、すべては、魚をひときわ美味しく食すための“ひと仕事”。読めば目からウロコ、眺めて愛でたい魚の数々、鮮度重視でお届けします!

CONTENTS
2 【巻頭連載】草枕、旅のあじ #2 金田一秀穂
4 ウイズコロナの食 vol.2『イル・チェントリーノ』
11 【今月のまくら】編集長コラム
プロの「ひと仕事」には、二つの意味がある
12 【特集】魚、ひと仕事。
14 日本一の鯛を巡る29時間の仕事
22 旬魚の料理屋、 ひと仕事。
42 【コラム】食いしん坊目線で巡る
『エビとカニの水族館』
59 《第2部》魚、ひと仕事。
60 「魚なら、片刃」な理由
66 【コラム】つまるところツマとは
68 魚屋ニューウェーブ
76 そのまま味わう! 海鮮グルメ缶
80 〝ハイパー干物クリエイター〟藤間義孝さんの
エキサイティングな干物道
91 あまからcooking with Class S
大阪・北堀江『dai‼』の 冬の魚介×パスタ
104 味に魅かれて通う店
A,s Topics[連載]
110 サロン・ド・カドカミ vol.1
ゲスト:立命館大学 心理学 和田有史さん
114 岡さん、郷の味で乾杯《第1回》
秋田県 兵庫・武庫之荘『秋田こまち』
116 食のSDGs事典
《第1回》昆虫食
118 【第1回】代々伝えたい母のあじウチのごはん
120 おいしい新刊と今月の『食の本』
122 今月の気になるお取り寄せ
128 地酒の星第22回
花巴 奈良・吉野『美吉野醸造』
132 トップの流儀《第10回》
『adhoc』高山龍浩さん
■バックナンバー