大阪産(もん)を食べて応援 エールサイト第2弾

京阪神の緊急事態宣言は解除となりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うイベントの中止や仕入れ先の休業により、加工品の生産者も大きな影響を受けています。大阪産(もん)の加工品業者の現状をまとめたサイトをご紹介させていただきます。続きを読む →

6月号掲載店の営業状況(5月23日時点)

新型コロナウィルスの影響を受けて、現在発売中の6月号でご紹介した飲食店も、営業時間、休業日、一部業態の変更など、一時的に掲載情報と変更されている場合があります。下記は、掲載店の現在の営業状況です。今後も変更が予想されますので、確認が取れた内容につきましては、1週間ごとに更新していきます。続きを読む →

【6月号】ミドコロ | あまから手帖

facebook6%e6%9c%88%e5%8f%b7

あまから手帖6月号は緊急特集「お家で“外食”」。新型コロナウイルスによる「緊急事態宣言」が発令されて以降、飲食店は営業自粛を余儀なくされています。“関西の食”に支えられてきた本誌が今、作り手と食べ手の皆様のためにできること。それは、多くのお店が開始したテイクアウトの情報を、速報としてお届けすることだと考えます。美味しいだけじゃない、店主の想いと矜持のこもった商品の数々を紹介します。続きを読む →

医療従事者へ“食”でエールを

%e4%bd%90%e3%80%85%e6%9c%a80424

『菊乃井』ご主人・村田吉弘さんが理事長を務める、一般社団法人全日本・食学会。会員である京都や大阪の飲食店が中心となり、新型コロナウイルスの治療にあたる医療機関へ向けて無償で「お弁当」を作り・届ける支援活動を始め、その支援の輪が広がってきています。続きを読む →

お家で世界旅行気分!? 本山尚義さん著『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)無料全文公開

rectangle_large_type_2_64f576a4cc5e5697d3737e424f0952be

以前、神戸・摂津本山で世界各国の料理に出合える『世界のごちそう パレルモ』のオーナーシェフをされ、現在は各国料理のレトルト製造・販売やイベントなどを行っている本山尚義さん。弊誌のあまからCookingでも、そのユニークな数々のレシピをご紹介していただきました(2016年1月号)。続きを読む →

大阪産(もん)を食べて応援

新型コロナウイルス感染拡大で、農林業業者も行き場のない食材を廃棄せざるを得ないという、苦境に立たたされています。なにわ黒牛、水ナスなど、大阪府の生産者の現状をまとめたサイトをご紹介いたします。続きを読む →

【5月号】ミドコロ | あまから手帖

facebook2005

あまから手帖5月号は「50th北摂」です。

万博から50年、北大阪急行50周年の節目となる北摂。半世紀を経て、変わるもの変わらないものを交えながら、最旬の北摂を二部構成でお届けします。続きを読む →

【~5/31開催】大阪料理会 創設10周年記念 春企画! 「個室で愉しむ桜鯛と春料理」

「魚島時季」料理人:島村 雅晴氏

2017年4月 大阪料理会 発表作品 「魚島時季」 料理人:島村 雅晴氏

大阪料理会-創設10周年記念大阪では昔から桜鯛の季節を「魚島時季(うおじまどき)」と呼んできました。外洋から産卵のために瀬戸内へと入ってくる鯛の群。その大群は、まるで海上の島のようであることから名付けられました。4月から5月に皆でこの鯛を愉しむ、大阪ではそんな習慣があったのです。続きを読む →

「がんばろう!食都神戸」~輝きを取り戻すKOBE飲食店の会~

レストラン『ルセット』依田英敏さん、日本料理店『玄斎』の上野直哉さんを代表発起人とする、「がんばろう!食都神戸」~輝きを取り戻すKOBE飲食店の会~でも、署名活動が始まりました。店舗を休業しても発生する家賃と人件費の支援を神戸市に求めるというものです。続きを読む →

新型コロナウイルスの影響による飲食店倒産防止対策への署名活動

以前より、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、「飲食店倒産防止対策」に関する署名活動が行われています。店舗を休業しても発生する固定費(家賃)と雇用者給与の補助を政府に求めるというものです。発起人はレストラン『HAJIME』の米田 肇さん、日本料理店『柏屋』の松尾英明さん、「Office musubi」の鈴木裕子さん。続きを読む →