【ミドコロ】2016年6月号~編集者の想い~

あまから手帖_表紙_6_2016_ol

緑がイキイキとしていて、街歩きにぴったりの季節になりましたね。「あまから手帖」最新号では、約3年ぶりに「阪神間」を大特集しています。

突然ですが、皆さんは「阪神間」と聞いて、何をイメージされますか?

大阪と神戸の間。六甲山? 甲子園球場? 緑豊かな高級住宅地? 食でいえば、レストランでのランチやスイーツでしょうか?

大正期から昭和初期に風光明媚なこの地に多くの文化人が移り住み、豊かな文化(阪神間モダニズム)が花開きました。そんな歴史に育まれた上質な雰囲気は今も色濃く残っていますが、それだけではありません。今回は、「阪神間のカオ」(=代表)と題し、今訪ねたい美味しい「カオ」をご紹介しています。

例えば、西洋文化を取り入れた成熟してきたフレンチ・イタリアンに、洗練された山側と、浜側のにぎやかな新店。また、数年前の映画でも話題になった「阪急今津線」沿線の各国料理に、西宮市の「園」が付く地名にある名店、日本一の酒の街のカジュアル酒場など、多彩なカオぶれ。さらに、歴史が詰まったランドマーク、御影公会堂食堂や宝塚ホテルのご紹介も。阪神間出身・在住の編集者が編んだ全53ページ、地元愛たっぷりの内容でお届けしております!

さらにお隣、今年市制100年を迎えた尼崎市にもスポットを当てました。街の歴史や、焼き鳥やホルモン鍋など長く続く名店の物語。読めばドヤ顔できるアマ情報が盛りだくさんです。クッキングは、この時期に重宝する素麺がテーマ。芦屋駅前の大人気中華バルの「hola!(オラ)」のシェフに、酒肴にぴったりの中華アレンジの素麺レシピを披露していただきました。

完全保存版の「あまから手帖」2016年6月号は、クリエテ関西より発売中です。

あまから手帖_表紙_6_2016_ol

最新6月号の目次はこちら