【3/21開催】迫る!第2回、近江の新酒きき酒会

米どころ滋賀県は、様々な個性を持った蔵元が存在。小さいながらもそれぞれの持ち味をもったお酒を醸しており、毎年新酒を待ちわびる日本酒ファンも少なくありません。平成28年3月には、滋賀県議会で可決され「近江の地酒でもてなし条例」が制定。

日本酒が更なに活況を呈する注目のエリアでもあり。そんな滋賀県33蔵が一堂に会し、29BYの新酒中心にきき酒ができる催事が開催。蔵の仕込み水の飲み比べ体験や、小幡酒造組合顧問によるお酒をおいしく楽しむセミナーなど、日本酒についてより深い知識を得る企画もあり。会期迫る! 祝日を利用して、滋賀まで足を伸ばしてみてはいかがだろうか。

33蔵集結

第2回「近江の新酒きき酒会」

【日時】2018年3月21日(水・祝)12:00~17:00
【場所】びわ湖大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」2階(滋賀県大津市におの浜4-7-7)
【参加費】前売 1,500円(税込)、当日 2,500円(税込)

★問合せ・詳細・申込みは、公式サイトから/『滋賀県酒造組合』077・522・3070
https://shiga-jizake.net/festa/