「高山なおみの神戸だより 海の見える小さな台所から 六度めの冬」NHKで放送のお知らせ

本誌でも執筆していただいている料理家にして文筆家の高山なおみさんを追ったドキュメンタリーの第2回が、1月15日21:50よりNHK総合にて放映されます。
東京・吉祥寺で、今や伝説ともなった無国籍料理店『Kuu Kuu』を経営、料理家としても引っ張りだこで順風満帆に見えた彼女が、なぜ神戸へと移住したのか?
どちらかと言えば淡々と高山さんの生活を追う番組ですが、その日常の中で、彼女の選択の根底にあった思いが浮かび上がってきます。
これからの世を生きること、そして、食べることへのヒントとなるような示唆に富んだドキュメンタリーに仕上がっていると言っていいのではないでしょうか。
もちろん美味しさのヒントも随所に散りばめられています。

%e5%86%ac%e3%81%ae%e6%9c%9d%e9%a3%9f

<放送日時>
【総合】2022年1月15日(土)午後9:50~10:20<関西地方>
  ※NHKプラスで放送後2週間、全国でご覧いただけます
【BSプレミアム・BS4K】2022年1月25日(火)午後11:15~11:45<全国放送>

ちなみに、個人的には、駆け出し編集者だった頃、異国情緒の漂う『Kuu Kuu』の店舗をお借りして、何度かミュージシャンの撮影をさせていただき、のちに『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』として書籍として上梓されるエッセイの連載にも少し関わらせていただいた思い出があります。
勝手な感想ではありますが、ひょんなところで旧知の方にお会いしたような驚きと懐かしさが混ざった嬉しい気分になった番組でした。
ぜひ皆さんもお楽しみください。

あまから手帖編集長 杉浦 裕